脊柱管狭窄症

なぜ、マッサージ・治療院を3軒以上通いそれでも改善しない方が多数来院されるのか?

なぜ、マッサージ・治療院を3軒以上通いそれでも改善しない方が多数来院されるのか?

ヘルモア富山市鍼灸部門第一位

こんなお悩みありませんか?

  • 腰から足にかけて痛みとしびれがある
  • 少し歩くと足が重くなり、何度も座りたくなる
  • 気がついたら、前かがみの姿勢になっている
  • 台所に長時間、立つているのが辛い
  • 歩く始めると痛くなるので、外出を控えている

是非、当院にご相談ください。これらの方は、当院に患者様が来院前に抱えられた悩みです。

 

 

 

脊柱管狭窄症とはどんなもの?

腰椎

脊柱管狭窄症は腰の骨と骨の間が狭くなり、神経を刺激する状態です。50歳以上の男女に多く、3タイプに分かれます。

脊柱管狭窄症はひどくなると、

間欠性跛行(コマ切れにしか歩けなくなる)

足腰のシビレなど症状が現れます。

具体的には、台所に5分も立っていられなくなる。 50メートルぐらい歩くと、歩けなくなり、一休みすると、再び歩ける。

 

一般的に、みなさんどうしてるの?

当院に来院される脊柱管狭窄症でお悩みの方は、

「リハビリで筋肉をつけている」

「痛くなったら、マッサージや電気を掛けている」

「痛み止を飲んで何とかしのいでいる」

もちろん色んな方がおられるので、全てが間違っているわけでもなく、改善する人も中にはいます。

ですが、根本的に改善しているのでしょうか?

みなさん、痛みやしびれでお困りですが、原因から取り除く必要があります。

脊柱管狭窄症は、内臓の疲労+下半身の筋膜の癒着があります。

早く施術することで、改善方向に導いていますが状態が悪化し、自力で排尿や排便が出来なくなると手術になります

 

他院と違う脊柱管狭窄症の治療法とは

違いその1

歪んだ体の状態

腎臓と腸腰筋が筋膜でつながっている

腎臓が疲れるとその影響で腰が曲がってきます。ぎっくり腰で、歩けるけれど腰が丸くなる人がいます。 脊柱管狭窄症は、姿勢がの歪みが筋肉に大きな影響を与えています。 その証拠に体を前に曲げたり、伸ばしたりする体操をすると一時的に楽になると言われる方が多いです。

違いその2

五臓六腑

腎を始めとした内臓の疲労を回復。

内臓が悪いのではなく、東洋医学でいう未病状態。検査や数値に表れないが、健康な状態とは言えず、体調が良くない状態なので、、、

五臓六腑の流れを調整

水➡金➡地➡火➡木➡土

腎➡肺➡心包➡心➡肝➡脾

腎だけでなく全ての五臓六腑をバランス調整です。

 

違いその3

筋膜リリース

筋膜の癒着

脊柱管狭窄症は、筋膜の癒着があるため、下半身の筋肉が硬いです。 揉んだり、マッサージしては余計に硬くなるため、トリンガーポイント部分の筋膜をはがしていきます。繰り返しますが、強く揉んだり、マッサージすると余計に筋肉が硬くなります。

トリンガーポイント部分

違いその4

夏野菜

人を良くするで【食】 陰陽からの食事指導

腎臓は血液をきれいにするところです。

甘いものをたくさん食べたり

唐辛子

カレーなどの激辛料理も悪化させる原因になります。

多くのお客様にご満足いただいています

1時間、立っていられない腰椎脊柱管狭窄症

アンケート用紙

病院で、腰椎脊柱管狭窄症と診断されて、痛くて台所に1時間も立っていられない状態でした。 知人の紹介で来ました。

最初、筋膜整体をしていましたが、シビレ・痛みは鍼の方がいいと言われ、途中から鍼灸治療にしました

週2回、3か月の通院。 大雪の日も頑張って通院しました。 今では、うそのように症状がなく忘れています。

Y・S 富山市 64歳 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

院長あいさつ

院長画像

こんなにもマッサージや整体があるのに、なぜ、皆さんあっちこっちに行かれるのか?

 

こんにちは。かない鍼灸整体院の金井謙治と申します。当院は、開業してから20年以上経過します。富山市内外からもたくさんの方にお越しいただいております。

 

私が小4の頃、毎朝走る朝トレがあり、いきなり左の股関節に痛みが走り
しだいにに激痛となり、歩くことが困難な状態になりました。

何軒か接骨院や治療院をたずね治療し、著しい結果がなく最後に口コミで、ある接骨院を紹介され診て頂きました。歩けないので、抱きかかえられて車に乗せられたのは今でも覚えています。

その先生は股関節の状態・治療の方針など詳しく説明して下さり、「遅かったら一生 歩けなくなる所だった。」とも言われました。

病院では、臼蓋形成不全と診断されました。股関節の涙の出るような激痛も知っています 

3か月松葉杖で登校し、6か月かかって治して頂きました。 

普通に歩けることが幸せなんだなと感じました。将来は、困っている人々のお力になりたいと思いました。

さらに

開業してから

自分の娘が小学校1年生のときに、車に跳ねられて、むち打ちと足首を痛めました。

むち打ちの方は、何とか改善できましたが、足首が思うように治せないのは、正直、かなりの『ショック』でした。

そこで、評判のカイロプラクテックの先生に、見ていただくと2年間、正座が出来なかったのに、その場でできるようになりました。 

 

世の中には、自分の知らない施術法がたくさんあるんだと、気づかされました。

日本全国、更に色んな施術法を求めて患者さんが1日も笑顔にされるように勉強しています。

 

いまだに、思うように結果の出ない患者さんもいるのは事実ですが、1人でも、多く満足いく結果を出すために学び続けています。

自分の大切な人を安心して任せられる治療院であること を念頭において施術しています。                         

かない鍼灸整体院 金井謙治

全国の先生からの推薦文

小山整骨院

小山整骨院 小山雅義先生より

金井謙治先生との出会いは、学友と共に寮生時代を過ごし3年間、ペアを組んで研鑽した仲間です。当時の印象として、とても落ち着いた青年でだれからも好かれる人柄です

とても勉強熱心なので、有意義な時間を過ごせました。今でも、一緒に勉強会へ参加して切磋琢磨し、新しい時代に乗り遅れまいと、お互いに情報交換で共有し、<痛みからの解放>を軸に精進している所がおなじです。

私が太鼓判を押す中でも群を抜くほどにおススメします。信頼ある治療熱心な金井先生です。

皆さん、安心して受けてください。きっと、もっと早く受けていたら、、、と、思うのも近いですよ。

宇部市 小山整骨院  小山雅義

 

 

小木曽先生

水野整骨院 小木曽周二先生より

金井謙治先生の追究力・探究力・吸収力と沢山の実績と行動にいつも驚いています。

勉強会だけでは、足らないので、いつも仕事の合間と終わりに成果の情報交換をして謎解きをしています。

お互いを高めあい大阪・東京へと講習会にドンドン参加しています。健康生活の回復を願う 共に切磋琢磨する同志です金井先生に出会えてよかった!と思うはずです。是非 安心して施術を受けてみてください。

瀬戸市 水野整骨院 小木曽周二

 

 

当院が選ばれる3つの理由

ポイント1

巨鍼

即効性があり、効果が持続する

開院20年以上の経験値。当院では整体や鍼灸で内臓のアプローチ。整体で頭蓋骨矯正、首のつけ根矯正、筋膜リリース。トータルバランス整体です

当院の施術の特徴としては

 

頭蓋骨矯正は軽く触れるくらいの調整。整体はバキボキしないので、小さなお子様でも受けることができます。 鍼は即効性があります。整体はソフトタッチ。施術それぞれのいい点を活かします。しかし、鍼が怖い人には鍼は使いません。

ポイント2

腰の治療風景

対処療法ではない根本から再発しにくいお体を目指す。

当院では、その場だけでの改善では意味がないと考えています。 痛みが一時的に取れて悪化した場合は、以前よりもひどい状態になります。 ぎっくり腰で例えると、繰り返し回数が増えるごとに治りにくくなります。また、中途半端に痛みが取れた状態で無理をして、更に痛くなる場合があります。

痛みを取るだけなら、痛み止めや麻酔を使う方がいいと思います。皆さん根本的に改善したいと思いながらどこへ行けばいいのか?何をすればいいのか?知らないだけだと思います。

 

ポイント3

問診

あなたのお体の状態を把握してから、食事のアドバイス、セルフケアを指導します

テレビや雑誌で多くの健康法が取り上げられていると思います。 すべて経験した人に合っていると思います。 しかし、それはあなたに合っているかが問題です。

陰陽からみた食事のアドバイス、自宅で出来ること、治療の持続や悪化を避けること、その人にとって一生価値あるものだと思います。

 

追伸

痛みやコリは体がおかしいよ!と訴えかけてる信号です。 放置しても自然に改善されるのではなく慢性化、痛いのが当たり前になります。

かない鍼灸整体院では、気血、骨の歪み、筋膜にアプローチすることにより、患者さんのお一人お一人に合った施術法をご提案しています

当院に来て初めて、食事のこと、ストレスのこと、その人に合った動きなどを、一緒に考えることにより、痛みやコリだけでなく、再発を防ぐ、コリにくいお体に体質を変えることにも自信があります患者さんからは、もう少し早く来ればよかった! こんなところもあるんだ! と言われる方が多いです。

どこか治療院に行きたいけど、どこへ行けばいいか?わからない。と思っておられる方こそ、当院へご来院ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加