脳内出血により左半身不随マヒから3年後、巨鍼療法で測定不能の握力が7.7kgに

お客様写真
アンケート用紙

 

今から約3年前に脳内出血を発症し、命は取り留めたものの、

重い左半身麻痺が残りました

障害者1種1級です

幸い、脳へのダメージは、大きくなく、半年のリハビリを経て、

仕事への復帰はしました

これまで幾つかの鍼灸院を訪れ、鍼灸治療を受けましたが、

ほとんど麻痺の改善は見られませんでした

少しでも良くなりたいという思いから、かない鍼灸整体院さんのホームページの

巨鍼療法を見て、訪ねたものです

巨鍼療法を受け、麻痺が大きく改善された点は、左手の握力が出るようになったことです

毎月1回、病院にて握力を測るのですが、これまでは計測不能でしたが治療を受けるようになって、試しに測ってみると、驚いたことに、7.7kw出ました。ただ、ただビックリしています

そして、もう1点驚いたことは、今まで足を触ると とても冷たく、右足と左足の温度差が

極端にありました。

巨鍼療法を受けた後は、左足がポカポカして、とても暖かく、血流が良くなった事が

歴然です 今までこういう事は一切ありませんでした

巨鍼療法を受けた後は、左足に力が入り、歩き易くなります

今後とも、治療家として熱い情熱を持っておられる金井先生の巨鍼療法を受けながら

少しでも脳血管障害後遺症が回復するよう励みたいと思います

最後になりましたが、いつも金井先生には長時間となっても厭な顔一つされず親身に

なって治療して頂いていることに感謝申し上げる次第です

56歳 男性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

テニス肘の激痛は体質改善から
骨折の変形治癒後遺症 お客様写真
夜尿症 お客様写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加